アスベストの分析方法
HOME > アスベストの分析方法

アスベストの分析方法

対象物質、試料採取数の解説

定性分析、定量分析、判定方法の解説

アスベストの分析方法として、JIS規格の JIS A 1481 「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」 (平成18年3月25日制定)によるアスベストの分析が、以下の通達により定められています。

平成18年8月22日付、厚生労働省の通達 (基発第0821002号および基安化発第0821001号)

1. 定性分析を行い、アスベストが含まれているか、いないかを判定する。
  ↓ アスベストの含有が確認された場合
2. 定量分析を行い、アスベストの含有量を測定する。

また、アスベストを含有しているおそれのある天然鉱物は、JIS A 1481 の適用範囲から除かれているため、その鉱物を原料として使用する場合のアスベスト含有率の分析は、以下の分析方法によります。
「天然鉱物中の石綿含有率の分析方法」 (平成18年8月28日付、厚生労働省基安化発第082801号)

分析機関

分析機関の名称、連絡先に関しては、以下のサイトで確認することができます。





▲pagetop