アスベストの分析方法
HOME > アスベストの分析方法 > 分析方法とは

■ 分析方法とは

定性分析

X線回折装置によるX線回折分析法、および位相差顕微鏡による分散染色分析法などの2種類の方法により定性分析を行い、アスベストの有無を確認します。
X線回折分析法
アスベストにX線を照射すると、アスベストの種類に応じて特有の回折角度に回折ピークが得られます。その回折ピークの有無から、アスベスト含有の有無を確認する方法です。
分散染色分析法
試料の形状、および屈折率による色の変化で、アスベストの有無を識別する方法です。

判定方法

X線回折分析法、および分散染色分析法の結果から、以下のようにアスベストの有無を判定します。
「アスベスト含有」となる判定結果
分析結果の組み合わせが、次の@、A、Bになる場合は、「アスベスト含有」と判定されます。

@ 繊維状粒子4繊維以上(分散染色分析法)、かつ、1試料でもアスベストの回折ピークあり(X線回折分析法)

A 繊維状粒子4繊維以上(分散染色分析法)、かつ、全試料にアスベストの回折ピークなし(X線回折分析法)

B 繊維状粒子4繊維未満(分散染色分析法)、かつ、1試料でもアスベストの回折ピークあり(X線回折分析法)
↓ この場合は、再分析を実施
   分散染色分析法による条件を変えた再分析の結果が、繊維状粒子4繊維以上
「アスベストの含有なし」となる判定結果
分析結果の組み合わせが、次のC、Dになる場合は、「アスベストの含有なし」と判定されます。

C 繊維状粒子4繊維未満(分散染色分析法)、かつ、1試料でもアスベストの回折ピークあり(X線回折分析法)
↓ この場合は、再分析を実施
   分散染色分析法による条件を変えた再分析の結果が、繊維状粒子4繊維未満

D 繊維状粒子4繊維未満(分散染色分析法)、かつ、全試料にアスベストの回折ピークなし(X線回折分析法)

定量分析

基底標準吸収補正法などによるX線回折分析法により定量分析を行い、アスベストの含有量を測定します。
X線回折装置を用いて、定量分析をします。
X線回折分析法
X線回折強度がアスベストの量に依存するため、既知のアスベスト依存量から生じる回折線強度と比較することで、試料中のアスベスト含有量を調査する方法です。






▲pagetop