設計図書のアスベスト調査 吹付けロックウール(乾式、半乾式)
HOME > 設計図書のアスベスト調査 > 吹付けロックウール(乾式、半乾式)

■ 吹付けロックウール(乾式、半乾式)の調査

吹付けロックウール(乾式、半乾式)使用の有無は、建築物の竣工年度、および設計図書に記載された吹付け材等の商品名から調査、判断します。
調査の結果、アスベストが含有していない竣工年度であっても、それまでに生産された吹付け材等を使用していた場合や、都合により工期が延びて竣工が遅れた場合などは、使用されている可能性があります。

アスベスト含有製品は、非常に多く、製造メーカーの廃業などもあるため、すべての商品は記載できていないとみられます。また、同じ商品名なのにアスベストを使用していない製品もあるので、注意が必要です。

建築物の竣工年度

● 1955年〜1980年(昭和30年〜昭和55年)⇒アスベストの含有あり

● 1981年(昭和56年)以降 ⇒ アスベスト含有の可能性は低い

ただし、一部の商品 「スプレーテックス(カラー品のみ)」は、1987年(昭和62年)まで、アスベストの含有あり。

吹付けロックウール(乾式、半乾式)の商品名

次の商品には、アスベストが使用されています。
● スプレーテックス
● スプレーエース
● スプレクラフトS、H
● サーモテックス
● ニッカウール
● プロベストR(タイプA)
● ヘーワレックス
● 浅野ダイアロック
● コーベックス(R)
● スプレーコート
● スターレックス
● オパベストR
● バルカロック
● ベリーコートR
● タイカレックス






▲pagetop