アスベスト含有吹付け材 (レベル1)
HOME > アスベスト含有吹付け材 (レベル1) > 吹付けアスベスト(吹付け石綿)

吹付けアスベスト(吹付け石綿)

鉄骨耐火被覆材
 
天井断熱材
鉄骨耐火被覆材
 
天井断熱材
吹付けアスベストとは、アスベストにセメントなどの結合材と水を混合し、吹付け機で吹付けたものです。
耐火、断熱、吸音などの目的で使用されました。1955年(昭和30年)から1975年(昭和50年)まで使用され、アスベスト含有率は、60〜70%です。

1975年(昭和50年)に、アスベスト含有率が5%を超える吹付け材の使用が、原則禁止になりました。しかし、禁止されなかったアスベスト含有率5%以下の吹付け材は、吹付けロックウールとして、その後も使用され続けました。

使用箇所

鉄骨などへの耐火被覆、天井・壁などへの吸音や断熱材として、以下のような箇所に使用されています。
● 鉄骨造・・・・・・・・・鉄骨の梁・柱、デッキプレート裏側、空調機械室、ボイラー室、EV機械室、駐車場など
● RC造・SRC造・・・空調機械室、ボイラー室、EV機械室、駐車場の天井・壁など

目視調査による識別方法

● 青色の場合・・・クロシドライトによる吹付けアスベストである。
● 茶色の場合・・・アモサイトによる吹付けアスベストである。
● 2層吹きの場合・・・下吹きが青色もしくは灰色、上吹きが白色の場合は、吹付けアスベストである。
 (吹付けアスベストは、青色、灰色、白色および茶色に仕上がっています)


使用している写真は、国土交通省の目で見るアスベスト建材(第2版)(平成20年3月)より引用。



▲pagetop