吹付けバーミキュライト(ひる石吹付け)
HOME > アスベスト含有吹付け材 (レベル1) > 吹付けバーミキュライト(ひる石吹付け)

吹付けバーミキュライト(ひる石吹付け)

天井
 
天井近景
天井
 
天井近景
アスベスト含有の吹付けバーミキュライト(ひる石吹付け)とは、バーミキュライト(ひる石)をアスベストと混合し、吹付け機で吹付けたものです。吹付け材は固化しているため、針を刺しても貫通しません。 断熱性、吸音性に優れています。
表面は平坦ではなく、骨材と骨材の間に小さなすき間が見受けられ、少し力を入れてさわると弾力が感じられる場合があります。

アスベスト含有の吹付けバーミキュライト(ひる石)は、1988年(昭和63年)に製造終了しました。なお、現在製造されているバーミキュライト(ひる石)には、アスベストは含まれていません。

使用箇所

内装(天井、壁)の仕上材として、廊下や階段室などで使用されていました。

目視調査による識別方法

● 表面に粒状の凸凹が見られます。
● 黄金色で、光沢がある雲母状の鉱物が確認できる場合があります。


使用している写真は、国土交通省の目で見るアスベスト建材(第2版)(平成20年3月)より引用。




▲pagetop