アスベスト(石綿)とは
HOME > アスベスト(石綿)とは

アスベスト(石綿)とは

アスベストとは、天然の鉱物繊維で、以下の6種類があります。石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれています。
● クリソタイル(白石綿)
● クロシドライト(青石綿)
● アモサイト(茶石綿)
● アンソフィライト
● トレモライト
● アクチノライト

大量に使用されたアスベストは、クリソタイル、クロシドライト、アモサイトで、そのうち、クリソタイルの消費量が9割以上を占めています。クロシドライトとアモサイトは、特に有毒性が高いとされています。
アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトは、ほかのアスベストに不純物として含まれていることが多いです。

アスベストは、熱や摩擦に強く、酸やアルカリにも強いなど、丈夫で変化しにくいという特性を持っています。
(耐熱性、耐久性、耐薬品性、電気絶縁性)
また、大量に産出され、安価であったため、長い間、建築材料などのさまざまな製品に使用されていました。

しかし、アスベストの繊維は、肺がんや中皮腫などを引き起こすことがあり、現在では、原則として製造、輸入、使用などが禁止されています。

アスベストの用途

アスベストは、耐熱性、耐久性、耐薬品性、電気絶縁性のほか、耐火性、防音性、耐磨耗性にも優れており、約3000種のさまざま用途で使われていますが、9割近くが建築材料として使用されています。

各種の建築材料として、鉄骨の耐火被覆材、機械室の吸音断熱材、設備ダクトの保温材、内装材(天井、壁、床、下地)、外装材などに使用されています。

建築材料以外では、自動車のブレーキパットやクラッチライニングなどの摩擦材、配管および機械等の断熱材やパッキン、シーリング材などさまざまな工業製品に使用されています。





▲pagetop